製品に関する苦情・相談事例

寝袋の色がベビー服へ色移りしたが毒ではないか

その他平成25年度

寝袋で子供を寝させたところ、寝袋の色がベビー服に色移りして赤く染まった。体に悪いものでないか心配なので、調査してほしい。

現況

相談品は綿100%のグレー系のベビー服で、赤いしみとなった状況が確認できました。
色移りの原因となった寝袋については、メーカーに返品されており、確認ができませんでした。

調査

① 浸漬テスト
赤いしみの部分の下に白布を置いて、水とエタノールを用いて浸漬のテストを行ったところ、写真2に示すようにエタノールで溶解することがわかりました。このことから、赤い汚染物は、分散染料であると推定されます。



② 成分分析テスト
汚染部と汚染されていない部分に、どのような成分が含まれているか「X線分析顕微鏡」で調査(写真3・写真4)したところ、どちらの部分も「ケイ素、硫黄、カルシウム、鉄」の元素が検出されました。これらの成分は、身近に検出される元素で特別なものは含まれていませんでした。

結果

赤いしみは染料であると推定され、検出された物質からも、直ちに健康に害はないと思われます。