製品に関する苦情・相談事例

女子学生服(毛100% 裏地ポリエステル100%)の右肩の部分にハトの糞が付いたので、すぐドライクリーニングに出したら、ハトの糞は取れていたが、左胸のところにシミが付いていた。

クリーニング平成16年度

テストの結果

紺色のブレザーで現在使用中とのことなので、外観観察したところ、左胸にシミが認められました。

衣服の汚れには水溶性の汚れもあり、ドライクリーニングでは水溶性の汚れを除去することは困難です。
その上、ドライクリーニングの溶媒に溶ける汚れの方は除去されるため、クリーニング後に残った水溶性の汚れが、かえって目立つこともあります。

今回の事例も、左胸のシミは清涼飲料水等の汚れと推定され、相談者自身で、再度クリーニング店に説明し洗い直してもらい、シミは取ることができました。