製品に関する苦情・相談事例

ジャンパーをクリーニングに出したところ、ファスナー、ポケット、袖口に斑点状のシミが出て戻ってきた。

クリーニング平成15年度

テストの結果

斑点状のシミは、芯地に使われた樹脂接着剤が表生地にしみ出てきたものと考えられました。
芯地は衣服の前身頃、ポケット口などの生地の補強や型崩れ防止に使われます。最近は、工程の合理化のため接着芯地(基布に樹脂接着剤を斑点状につけ、加熱溶融して生地に密着させるもの)がよく使用されます。
今回の原因には、接着樹脂の品質や加工状態が悪かったこと、仕上げで濡れたまま高温でプレスされたこと等考えられますが、クリーニング店ではスチームを当てる仕上げ方法でしたので、前者の可能性が高いと思われました。