製品に関する苦情・相談事例

フロックプリントのワンピースをクリーニングに出したところ、模様の一部がとれてしまった。

クリーニング平成15年度

テストの結果

フロック加工とは、フロックと呼ばれる短い繊維を接着剤でくっつける加工法で、加工むらや接着剤の劣化、着用時の摩擦などの原因でフロックが脱落してしまうことがあります。苦情品はフロックプリントの女性用ワンピースですが、前身頃、後ろ身頃とも脇から胸、背中にかけてフロックがはがれています。

今回は、生地の湿摩擦試験で品質の劣るものでなかったこと、苦情部が縫い目をまたいでいること、一部にしか脱落がみられないことなどから、着用中の何らかの摩擦が原因と考えられました。