製品に関する苦情・相談事例

フェイクファーのついたカーディガンをクリーニングに出したら、ファーが部分的に縮れた。

クリーニング平成15年度

テストの結果

組成表示の印字が消えかかっていたので、赤外分光光度計で繊維鑑別を行ったところ、苦情のあったファーの素材はアクリルでした。

アクリル製のファーは熱に弱く、繊維が細いためストーブに近づいただけでも縮むことがあるといわれています。

今回の苦情の原因は、クリーニング店での乾燥、仕上げ工程で熱が加わった可能性が高いと考えられました。
ファーの苦情部 苦情部の拡大写真