製品に関する苦情・相談事例

息子の耳のそばで友達の子が火薬鉄砲を鳴らしたため、一時的な難聴になってしまった。

家庭用品平成15年度

テストの結果

この玩具銃はST(セーフティ・トイ)マークのついた商品で、注意書きにも「顔や耳のそばでは撃たないでください。怪我や事故の原因になります。」と書かれていました。STマークの玩具安全基準では、騒音度について「表面から25cm離れた任意の位置において測定した瞬間音圧レベルが138デシベルを超える衝撃音を発生してはならない」とされていますが、製品評価技術基盤機構に依頼し測定したところ、苦情品は騒音度の基準値を超えていませんでした。
(写真1)
苦情品
(写真2)
火薬