製品に関する苦情・相談事例

スイッチ付テーブルタップが突然発煙した

電化製品平成17年度

早朝、パチパチと大きな音がしたので起きてみたら、スイッチ付テーブルタップ(以下、タップという)から煙と火花が出ていた。あわてて壁側コンセントを抜いて大事には至らなかったが、何も電気を使っていないのに、なぜ突然、発煙したのか原因究明調査をしてほしい。
(写真1)
焼損したスイッチ付テーブルタップ
(写真2)
焼損箇所、裏底面は穴が開いた

テストの結果

持ち込まれた事故品(タップ)の状態を調べるため、X線分析・分解・実体顕微鏡観察・超音波洗浄(汚れの除去)および正常品(同一製品)の分解調査を実施しました。。

調査の結果、事故品焼損箇所の溶解の様子から、タップ本体内部の一次側充電部の短絡(金属片など何らかの電気を通すものが、タップ内部の+と-局に接触して電気が流れる)事故であることがわかりました。短絡の原因となった短絡材料は見つかりませんでしたが、事故原因としては以下の2通りが推測されます。
  • 1.使用中、何らかの短絡材料がコンセント差込口(N側:サイズ約8×2mm)から混入した。(写真5参照)
  • 2.製品製造工程中、何らかの短絡材料がタップ本体内部に混入していた。(写真6参照)

なお突然、明け方に発煙したのは、相談者宅で飼っている猫がタップに振動を与え、たまたまその振動により、何らかの短絡材料がタップ本体内部の一次側充電部の短絡させたものでないかと考えられました。

(写真3)正常品と事故品の比較
○は、 短絡し、溶解欠損した部分
(写真4)短絡箇所を示す
タップ本体内部は
一次側充電部が露出している
(写真5)事故品
何らかの短絡材料が
コンセント差込口から混入したかも?
(写真6)短絡場所を示す
どの部分で短絡が起きたか検証するために、
事故品の本体ケースに正常品の内部部品を入れてみた