製品に関する苦情・相談事例

クラッカーの紐を引いたら火花が出て火傷した

その他平成25年度

子供が、クラッカー(パーティーを盛り上げるために使用されるもので、円錐形の尖った側の紐を引くと破裂音とともに反対側から紙吹雪が放出されるもの)の紐を引いたところ、紐のついている側から火花が出て指に火傷を負った。製品が危険なものでないか調べてほしい。

現況

相談品は、相談者が100円ショップで4個セット105円で購入した物(写真1)で、事故品の紐等には、焦げや溶けた跡はありませんでした。
本体や包装などの表示には、火花の発生に対する注意書きはありませんでした。

調査

クラッカーの動作時の状態を高速度カメラで撮影した結果、後方(糸を引く尖った側)から出る火花は1/1200秒以下でした。
なお、クラッカー後方に置いた感熱紙(70℃~80℃以上で変色)は、直径7mm
が黒く変色しました。
成人男性が、クラッカー後部に小指を置いて動作させたところ、火花によって火傷することはありませんでした。

結果

クラッカーを動作させると後方から火花が出るが、火花の発生は小さく一瞬であり、事故品のクラッカーの内部にも焦げは認められないことから、火傷の原因は特定できませんでした。

(この調査は、一部「独立行政法人 製品評価技術基盤機構」の協力で行いました。)