消費者教育コーディネーターの活動

学校への消費者教育

西養護学校(中川区)に行ってきました

10月5日 第2・3時限
西養護学校(中川区) 高等部2年
「上手にお金を使えるイケてる
高校生になろう」「買い物をしよう」

         


       

コーディネーターよりひとこと

 買い物経験が少ないグループでは、最初に配った500円で、3回の買い物体験をしました。3回目の買い物は残りのお金(200円)で好きな物を買うチャレンジでした。品物2つ買った生徒、1つ買った生徒、何も買わなかった生徒。みんなそれぞれ、財布に残ったお金を確認しました。楽しく買い物をしながら、「お金を払うと欲しいものが買える」けれど、「お金は使うとなくなる」ことを伝えました。

 買い物経験が多いグループは、予算500円で、必要なものと欲しいものを買う体験をしました。お金を全部使って欲しいものを買った生徒は満足した様子。必要なものしか買わずおつりがたくさん残った生徒は得意げな表情でと、一人ひとりの個性を見ることができました。直前に「ほしいもの」「ひつようなもの」を考える学習をしたことで、自分なりに考えて行動したのでしょう。
 今日学んだことを、社会でも実践できるようになってほしい、そんな願いを込めました。