展示コーナー

暮らしに役立つ情報を展示しています。

金銭教育コーナー

大人になって、働いて得たお金を上手にやりくりできるよう、子どものうちにお金の使い方や価値観を身につけることは大切なことです。家庭でできる金銭教育をテーマに、絵本や書籍、資料、DVD等を取り揃えています。
また、キャッシュレス社会の現代、お金を扱うリスクの増加とともに、名古屋市消費生活センターにはローン・クレジット等に関する相談が沢山寄せられており、多重債務問題にも積極的に取り組んでおります。くらしの情報プラザの資料や展示もぜひご活用ください。

(写真)金銭教育コーナーの展示

各種資料も揃えています

ビデオ・DVD、書籍は貸し出しができます。(一部を除く)
パンフレットなどは自由にお持ち帰りいただけます。

教員向け情報コーナー

当センターで作成している『くらしのほっと通信』や各種パンフレット、情報プラザで貸し出ししているDVDなどを中心に、授業ですぐに使えるツールから教材研究に役立つ資料まで、幅広く取り揃えています。ご自由にお持ち帰りいただける資料も多数ありますので、是非ご利用ください。

(写真)教員向け情報コーナー

国民生活センターの「見守り情報」

「見守り情報」は、消費生活相談の現場等でキャッチした悪質商法や製品事故の情報について、トラブル予防、早期発見、拡大防止につなげるために国民生活センターが作成したリーフレットです。
2006年8月から発行の高齢者・障害者を対象とした「見まもり新鮮情報」と2008年6月から発行の子どもを対象とした「子どもサポート情報」があります。
くらしの情報プラザではバックナンバーも閲覧が可能です。

(写真)「見守り情報」の展示

消費者団体・グループ活動紹介

名古屋を中心に活動する消費者団体・グループの広報誌やイベントの案内等を掲示しています。

<掲示中の団体・グループ>

(写真)消費者団体・グループ活動紹介

くらしの情報コーナー

日常生活の中には、ヒヤリと危険を感じることがたくさんあります。身のまわりの製品にはどのような危険が潜んでいるのか事前に知っておくことで、事故を未然に防ぐと共に最小限の被害にとどめることができます。

このコーナーでは、国民生活センター発行の「くらしの危険」をはじめ、消費者庁や経済産業省、各業界団体からの注意喚起のチラシや、リコール・回収の情報などを集めました。

(写真)くらしの情報コーナー

企画展示コーナー

企画展示コーナーでは、各関係団体の協力を得て、パネルやサンプルを使って最新の消費者情報を分かりやすく展示しています。

これまでの企画展示

「大学生の考えた消費啓発」

名古屋市が大学に委託した消費者啓発の企画を展示

大学生の考えた消費啓発の展示

「消費者の声が活かされた製品」

ACAP(消費者関連専門家会議)の協力のもと、消費者の声を活かして改良した商品を展示

消費者の声が活かされた製品の展示

「消費者の部屋の展示」

東海農政局東海農政局の協力のもと、食品のトレーサビリティと食品表示クイズのパネルを展示

消費者の部屋の展示


消費生活情報を探しているのページに戻る