クレジットヒストリーを大事にしよう

コアラ博士たいへん!俺の欲しかったビンテージエレキがぁぁぁ。
パンク青年、そう言えば最近姿をみておらんかったが一体どうしておったんじゃ。
恒例の夏のライブツアーを終えて、先週帰ってきたところだぜ。
昨日、楽器店に頼んでいたビンテージエレキの入荷の連絡があったから、分割払いで申し込んだけど、審査が通らなかったんだよ!
次のツアーはあのエレキでビシッときめようと思ってたのに、ショックだぜ。
審査が通らないって、身に覚えはあるのか?
あると言えばあるけどさ。
実は、今回のツアーで衣装代やら交通費で結構クレジットカードを使ったんだけど、バイトを休んでたから銀行口座にお金がなくて、ここんとこカード代金の引き落としができてなかったんだ。
あきれたな。お前さん、カード代金を延滞しておったのか。
でも、先週ツアーから戻ってすぐに支払ったんだぜ。
それに、今回申し込んだ信販会社とクレジットカード会社とは違う会社だから大丈夫だと思ったんだ。
たとえ支払ったとしても延滞したという記録が消えるわけではないぞ。
それどころか、その記録はクレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関に一定期間登録されるから、他の信販会社やクレジットカード会社なども照会が可能なんじゃ。
おそらく、お前さんの申し込んだ信販会社もそれを見て申込みを断ったんじゃろ。
オーマイゴッド!
「個人信用情報機関」なんて、恐ろしそうなところだぜ!
ちっとも恐ろしくなんかないぞ。
個人信用情報機関には、過去から現在までのクレジットやローンの契約内容や支払状況などの事実、言うならば個人のクレジットヒストリーが記録されているわけじゃ。
もし、お前さんが月々のカード代金を約束どおり支払っていれば、そのクレジットヒストリーが今回の分割払いの申し込みの時にはプラスに働いて、きっと良い結果が出たはずじゃ。
これに懲りて今後はクレジットカードを計画的に利用して延滞なぞせんようにな。クレジットヒストリーを大事にするんだぞ!

PICK UP

個人信用情報機関とは

クレジットやローンの申込情報、契約内容、支払状況などに関する情報を「個人信用情報」といいます。この個人信用情報を管理しているのが個人信用情報機関です。加盟会員(クレジットカード会社、銀行、消費者金融会社など)から、個人信用情報を収集・管理し、加盟会員の照会に応じてその情報を提供しています。
加盟会員はクレジットやローンの申込みを受けたときやクレジットカードやローンカードの更新の時に個人信用情報を照会し、審査の判断材料のひとつとしています。
個人信用情報機関は以下の3つです。

  • (株)シー・アイ・シー(クレジット系)
  • (株)日本信用情報機構(消費者金融系)
  • (一社)全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)

コアラ博士のなんでも相談に戻る