健康食品にまつわるトラブル

友人から、健康食品を勧められたんだ。飲むだけで健康になれるし、ダイエットの効果もあるんだって。すごいよね。
そう。でもね、健康食品はメリットばかりじゃないことも知っておかなきゃね。当センターには健康食品に関する相談も多いのよ。特に、マルチ販売の相談では健康食品が毎年、常に上位よ。
そうなんだ。でも、どうして健康食品がトラブルにかかわってくるのかな?
販売業者は、私達の健康不安をあおったり、みんなが興味を持っているダイエットや美容などをネタに消費者の心理をついて勧誘してくるの。「○○病に効く」「簡単にやせられる」(PICK UP1)等、巧みなトークや誇大広告(ほっと通信:PDFファイル)にまどわされてしまうのね。それから、トラブルの多くがお店以外の場所で販売されていたことも特徴。
どんなふうに販売されることが多いの?
例えばマルチ商法。これは、「友人を紹介するだけでもうかる」などと勧誘し、販売組織に加入させて、登録料を払わせたり商品購入の契約をさせるもので、若者や主婦、高齢者にも広がってるわ。ネットワークビジネスとも呼ばれているのよ。
マルチ商法とネットワークビジネスって同じものなんだ!他にはどんなものがあるの?
昔からあって、高齢者に被害が多いのは催眠商法。「無料で商品を配る」などと言って、閉め切った会場に人を集め、気分を高揚させた後、高額商品を売りつけるのよ。「もらわなきゃ損、買わなきゃ損」という気分にさせられた上に、健康不安をあおられて、健康器具やふとん、健康食品などを買わされる事例が目立つの。
どちらも判断力をにぶらせて契約させるんだね。他にも注意点はある?
健康被害も増えてるの。過剰摂取による副作用や、薬との飲み合わせにも要注意。 服用中の人は必ず医師に相談を!健康食品に医薬品成分が含まれていて、被害が出たケースもあるわ。
「飲めば治る」「脂肪を落とす」(PICK UP1)なんて言葉をうのみにしちゃだめなんだ…。よく考え直してみるね。

情報アドバイザーの目

健康食品は薬ではなく、あくまでも食品。
過大な期待は様々なトラブルのもとです。
くらしの情報プラザには、健康食品に関するビデオや本など色々な資料があります。私たち情報アドバイザーがくらしの疑問を解決するためのお手伝いをしています。お待ちしています!

PICK UP1

健康食品では医薬品的効能・効果をうたった表現は薬事法違反です

保健機能食品:特定保健用食品には保健の用途を、栄養機能食品には栄養成分の機能を、表示することは可能です。

PICK UP2

健康食品認証制度

健康食品への需要拡大の一方で、粗悪な原料が使われたり、薬事法に抵触する違法な手法で販売されるケースが後を絶たないことから、厚生労働省は、健康食品について第三者機関による認証制度を導入しました。健康食品認証制度協議会から指定を受けた認証機関が、健康食品の事業者が行った安全性評価(自主点検)に関して一定の水準に達していることを確認した製品に認証マークを付けることができます。これにより、第三者認証を受けたことが容易に確認でき、消費者は健康食品を選択する際の目安の一つとなりました。ただし、このマークが付いているからといって、その製品の絶対的な安全性を保証するものではありません。

相談事例

効果・効能を説明され購入したが、成分表示のないキノコ菌糸体の錠剤
http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/soudan/article/46
血液がサラサラになるというサプリメントのネットワークビジネス
http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/soudan/article/64


ハッピーの質問コーナーに戻る