SNSの招待状

最近知り合った友だちとメールアドレスを交換したら、その友だちの名前で「会員制コミュニティサイトに招待します」っていうメールが携帯に届いたんだ。これって何なのかな?
それはきっとソーシャルネットワークサービス(SNS(エスエヌエス))の招待状ね。私もいくつかやっているけど、友達との情報交換や同じ趣味を持った人との交流に便利よね。
やったー!SNSって前から興味があったんだ。さっそくメールに書いてあるサイトのアドレスにアクセスしてみよう。
ちょっと待って!SNSというと招待を受けた限定されたメンバー間でのコミュニティだから安全という気がするかもしれないけど、そうとも限らないのよ。利用するにあたって注意して欲しいことがあるわ。
えっ、招待制だから安全なんじゃないの?
招待にあたって特別な条件や審査があるわけじゃないでしょ。実際、招待メールをくれたハッピーの友だちはハッピーのことをどこまで知ってるのかしら?それに、最近は招待状がなくてもメールアドレスさえあれば誰でも参加できるSNSも増えてきているの。
知らなかったよ。招待状をもらったからって浮かれている場合じゃないね。
そうよ。まず、ネット上では簡単に情報が流出する危険性があること、一度流出した情報を取り戻すことはほぼ不可能ということを肝に銘じておいて。個人を特定され易い情報は安易に入力しないようにしましょう。
そう言えば、“ネット上で個人情報が流出”っていうニュースを何度か聞いたことあるよ。
同様に、登録した個人情報や写真、日記などの公開レベルをどこまでにするかもよく検討してね。公開レベルを上げれば友だちが増える可能性が高くなる反面、個人が特定される、情報流出などの危険性が高くなるわよね。
何でも公開すれば良いってものじゃないんだね。
最後に、SNS上に公開されている情報は単に本人の申告情報に過ぎないから、決して鵜呑みにしないこと。「SNSで知り合った人に勧められたサイトを覗いてみたら、有料サイトで高額な請求がきた」「マルチ商法の勧誘を受け契約してしまった」などの相談が入っているわ。
何だか心配になってきた。トラブルに巻き込まれないように慎重に利用することにするよ!

情報アドバイザーの目 −SNS利用上の注意点−

  • 登録する個人情報は必要最低限にする
  • 登録情報の公開レベルをよく検討する
  • 利用するSNSは慎重に選択する
  • SNSの公開情報を鵜呑みにしない

PICK UP1

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

知り合いの輪を広げることを主な目的としたWebサイト。個人のホームページやブログとは異なり、会員にならなければ閲覧することのできない閉じたコミュニティを形成している。

PICK UP2

SNSへの参加の方法

PICK UP3

ハッピーの公開レベル


ハッピーの質問コーナーに戻る