鶏卵の表示

「安全」「健康」「自然」「森」「ビタミンたっぷり」・・・。
スーパーに行くと、いろんな装飾表示の卵があって、いつも迷っちゃうんだ。
そういう卵をブランド卵と言って、国内には千を超えるブランド卵があるそうよ。
そんなにあるんだ!いろいろ選べるのはいいんだけど、表示の意味が分かりにくいなぁ。
確かに、誤解を招くような表示もあるわね。これまで鶏卵業界には自主基準がなかったんだけど、平成20年、鶏卵業界に「鶏卵の表示に関する公正競争規約」ができたの。
規約に従った製品には、公正マークをつけられるようになったわ。
具体的にはどう変わったの?
例えば「栄養強化卵」「平飼い」「地卵」「有精卵」等には表示する場合の基準が設けられたの。
それから「自然卵」のように、卵を直接装飾する表示として「天然」「自然」を使うのは禁止、「特選」「極上」などと書くには鶏卵公正取引協議会の承認が必要になったわ。
「安全」「健康」とか、「森」みたいに自然をイメージする表示はどうなるのかな?
禁止ではなくて、表示を認めるかどうかを個々に審議されるのよ。
例えば、安全と書かれている卵だけが安全なわけじゃないし、言葉だけで判断しちゃダメだね。
抽象的な表現には、表示の根拠が併記されるとか、ラベルへの記載が困難な場合はウェブサイトで公開される等、正しい情報を得られるしくみがあると消費者が選択しやすくなるわね。
これからは、公正マークを目安にしながら、イメージだけで選ばないようにするね。
私たち消費者の側にも、表示に関心を持ってしっかり選択する姿勢が求められるってことよね。
この規約は自主ルールで、協議会の会員じゃない事業者には強制力がないんだけど、今後も、より消費者に分かりやすい表示のルール作りが広がって欲しいわね。

PICK UP1

卵のクイズ

PICK UP2

鶏卵の公正マーク
鶏卵の公正マーク

PICK UP3

パック詰めされている鶏卵(生食用)の表示例
パック詰めされている鶏卵(生食用)の表示例

※必要な表示事項は食品衛生法、JAS法の生鮮食品品質表示基準で定められています。

PICK UP4

鶏卵の賞味期限

卵の賞味期限は10℃以下の冷蔵保存で、生食が可能な期限です。食品衛生法で表示が義務づけられています。現在、賞味期限は各生産者が科学的判断に基づき設定し、その起点日には「別々の採卵日の卵を一つのパックにつめた日」「産卵日」等があります。
商品によっては「パック日」「産卵日」等が併記されています。賞味期限後や殻にヒビが入った卵は、必ず十分に加熱して食べましょう!

鶏卵の賞味期限

関連記事

近頃、よく耳にするJAS法って、なぁに?(2007年10月)
http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/soudan/nandemo/article/h_201002a.html
公正マークって何?(2007年4月)
http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/soudan/nandemo/article/h_200704a.html

PICK UP1の答え

Q1、Q2ともに栄養価に差はない(Q2は品種の違いです)


ハッピーの質問コーナーに戻る