架空請求・不当請求にご用心!

「インターネット利用中に画像などをクリックしただけで、いきなり登録が完了し、料金請求画面が表示された」「総合情報サイトの退会手続きをしていないので料金が発生していると書いてある、身に覚えのないメールが届いた」「アダルトサイト料金を延滞していると電話があったが、心当たりがない」「利用の覚えのない請求ハガキが届いた」などなど、架空請求・不当請求にはいろいろな手口があり、その内容も日々変化し、複雑化かつ巧妙化しています。いずれも「すぐ払わなければ個人情報を調べる」「自宅や勤務先に集金に行く」「法的手続きをとる」等と脅して不安をあおり、連絡を促す手口です。
身に覚えのない請求や、契約する意思もなく、勝手に登録されたサイトからの請求に応じる必要はありません。無視してください。連絡をすれば、かえって脅されますので、絶対に連絡しないでください。不安に思い払ってしまうと、更に高額な請求をされます。絶対に払ってはいけません。

心配な場合は、架空請求ホットダイヤル(052−222−9674)にご相談ください。
(注)相談は名古屋市内在住・在勤・在学の方が対象です。

よくある手口

ハガキ・封書→債権回収業者、公的機関らしい名称で、ハガキなどが送られてきた→連絡先へ電話をかけると、銀行振込などでお金を払うよう請求される

携帯電話・パソコン→着メロ、懸賞、占いなどの無料サイトへアクセスしたら、メールで誘われてアクセスしたら→出会い系サイト・アダルトサイトにアクセス→利用料など請求される…この手口をワンクリック詐欺といいます。