「豊かな消費の背後にあるものー貧困、暴力と環境問題」

名古屋市立大学 「豊かな消費の背後にあるものー貧困、暴力と環境問題」

大学名 名古屋市立大学
実施年度 平成27年度
委託内容 私たちの豊かな消費の背後には劣悪な労働環境、児童虐待労働、そして環境破壊などを踏まえて消費活動についての調査研究を行った。
啓発対象 若者・一般

内容

「豊かな消費の背後にあるもの」の調査研究の結果を「持続可能で公正な消費生活を考える」と題し、児童労働の現状、豊島の産廃問題、3R運動及び大学で展開している取組紹介に関する内容をまとめたリーフレットを作成した。
リーフレットは、学内で配布し、啓発した。また、ポスターを作成し、名古屋市主催イベント会場において展示した。さらに、子どもたちにわかりやすく伝えるカードゲームを作成し、遊びながら公正な消費社会の大切さを伝えた。
「昭和区民まつり」にも出展し、リーフレット配布と子ども向けカードゲームを行った。

PDFについて

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(アドビリーダー)というソフトが必要です(無料)。
お持ちでない方は下記よりダウンロードしてインストールしてください。

アドビリーダーダウンロードページへ
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html