消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

高針北保育園(名東区)に行ってきました

2月6日高針北保育園(名東区)の年長さんに
金銭教育をしました

  • 【買い物のマナーを教えるコーディネーター】

  • 【ドーナツを選ぶ年長児】

 まず、買い物のマナーを人形劇で気付かせました。園児たちは「はしってはダメー」「さわってはダメ―」「さわいではダメ―」と元気に答えてくれました。その後で、「ドーナツ1個100円」ということを、100円硬貨1枚とドーナツ1個とを交換する様子を演じて説明しました。次に、硬貨が入った財布を園児に渡し、自分が好きなドーナツを選んで買う練習をしました。
 席に戻って、自分が選んだドーナツのシールやレシートをカードにはったり、ドーナツの絵の塗り絵をしたりしました。
 
  • 【ドーナツとレシートをもらう年長児】

  • 【シールとレシートを貼る年長児】

コーディネーターよりひとこと

 前回訪問した園で「わるお君が悪くないのが変だ~」と園児たちに指摘されました。角と牙がチャームポイントのわるお君。子どもにとってビジュアルの印象は大事な設定の1つになるようです。そこで、今回からシナリオを手直しし、わるお君は「注意するこわいおじさん役」から、店内で走ったり、騒いだりする「マナー違反をするお客役」に。買い物のマナーは園児たちに教えてもらいました。園児の買い物体験の後、わるお君も買い物に再挑戦。見事買い物に成功し、園児と達成感を分かち合いました。