消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

東栄保育園(瑞穂区)に行ってきました

2月10日東栄保育園(瑞穂区)の年長さんに
金銭教育をしました

 「これ本物?」「みんな100円」「ひとつは150円だよ」園庭から戻って席に着くと、みんな教室の中にセットしたドーナツ屋さんに興味津々。
 まず、買い物のマナーについて人形劇を見て学びました。100円しか持っていないのに150円のドーナツを買おうとした場面では、「50円足りないよ」という声があがりました。いよいよ、子どもたちが楽しみしていた買い物の始まりです。財布の中の100円を確かめてからグループごとにドーナツ屋さんに出発です。トレーとトングを持ってお気に入りのドーナッツをひとつずつ買いました。お金をきちんと払って、ドーナツを受け取りました。レシートも忘れることなく受け取ることができました。
 お別れするときに、「ドーナツおいしかったよ」と、かわいいい感想を受け取りました。

コーディネーターよりひとこと

人形劇で使うハッピーとほしこの人形が園庭で遊んでいる子供たちに手を振ります。これから何が始まるんだろうと、子供たちは不思議そうな顔で手を振り返してくれました。
 教室に入る前に服のホコリをパンパンと叩いて落とし、手を洗って、お話しを聞く準備ができました。こちらもこの瞬間が一番緊張します。
今日もいちごのドーナツが一番人気でしたね!