消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

牧野池保育園(名東区)に行ってきました

2月14日牧野池保育園(名東区)の年長さんに
金銭教育をしました

 人形劇でお店の中では「走らない」「触らない」「騒がない」という買い物のマナーを指導した後で、ドーナツを買う場面を演じました。レシートについてたずねると「買った物が分かる大事な紙」と答えました。
 いよいよみんなが楽しみにしている買い物です。まず、財布を配り、中身を確かめました。
メニューのカードを見てお気に入りのドーナツを決めました。実際に並んでいるドーナツを前にするとどれにするか迷ってしまう子もいました。

コーディネーターよりひとこと

 園児が買ったドーナツは、席に戻った後、写真シールと交換します。ある園の先生から「交換は園児同士がもう少し楽しんでからにしては」とのご意見をいただきました。たしかに、少し待ってみると、選んだドーナツを見せ合いっこしたり、食べる真似をしたりして楽しそうです。
 食べる真似をしながら「わー、本当にドーナツ食べたくなっちゃったー」というため息交じりの声もあちこちから聞こえてきました。