消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

藤里保育園(名東区)に行ってきました

1月31日藤里保育園(名東区)の年長さんに
金銭教育をしました

  • 【買い物の場面を演じるコーディネーター】

  •        【ドーナツを選ぶ年長児】

 人形劇で買い物にはお金がいることに気付かせるとともに、買い物をするときに気を付けなければならないことを説明しました。その後で、100円硬貨が入った財布を園児に渡し、自分が好きなドーナッツを選んで買う練習をしました。選んだドーナツを店員に扮したコーディネーターに渡して袋に入れてもらい、レジで支払いをしました。レシートも忘れることなく受け取ることができました。
 席に戻って、自分が選んだドーナツのシールをカードにはったり、ドーナツの絵の塗り絵をしたりしました。「もっとたくさん買いたい」「今度はおつりがもらえる買い物をしたい」という声があがりました。
  • 【支払いをする年長児】

  • 【塗り絵をする年長児】

コーディネーターよりひとこと

「にこにこドーナツ」の店先には、本物そっくりのドーナツをずらっと並べました。「ごめんね、おもちゃだから食べられないよ」と言うと、園児たちは「えー」とがっかり。でも、好きなドーナツを選ぶ目はキラキラ。上手に買い物ができた証に名前入りの「かいものできたねカード」を渡しました。買ったドーナツと同じドーナツシールとレシートを貼って、お家に持って帰ってもらいました。