消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

すみれ保育園(中川区)に行ってきました

2月23日すみれ保育園(中川区)の年長さんに
           金銭教育をしました

  • 【ドーナツを買う年長児】

 買い物のマナーを知らせる場面では、園児たちは「ドーナツを手で触るとバイ菌がつく」「大声で騒ぐとつばが飛ぶ」と真剣に考えてくれました。また、150円のドーナツを選んでしまった場面でも、「100円しかないのに」「50円足りないよ」と答え、状況をしっかりとらえていることが分かりました。
 自分が決めたドーナツが売り切れてしまっていた子は、次にドーナツが届くまで待ってお気に入りのドーナツを買っていました。

コーディネーターよりひとこと

 買い物が終わった園児は、ドーナツの塗り絵を楽しみます。一人が「ハッピーも塗っていい?」と聞きました。ドーナツの絵の横に印刷されたハッピーに気が付いたようです。すると、多くの子がハッピーを塗り始めました。
 「ハッピーってどんな色だっけ?」「ハッピーをもっと見せて!」。そこで、ハッピーはデッサンのモデルのように、前でポーズをとることに。おかげで、「緑の帽子にピンクのお顔」のハッピーを覚えてもらえました。