消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

光明幼児園(千種区)に行ってきました

3月2日光明幼児園(千種区)の年長さんに
金銭教育をしました

  • 【財布の中身を確かめる年長児】

  • 【ドーナツを選ぶ年長児】

園児たちは買い物のマナーを説明する人形劇をとても真剣に見ていました。「お店の中で騒いでいいのかな?」と、問いかけると、「ダメ。他の人の迷惑になるから」と答えてくれました。
買い物に行く前にまず財布の中にいくら入っているかを確かめました。そして、グループごとにお店に出かけてお気に入りのドーナツを買いました。150円のドーナツを選んで買い直す子やレシートの受け取りを忘れてしまう子もいましたが、少し緊張しながらも、みんなとても楽しそうに買い物ができました。
席に戻って、自分が選んだドーナツのシールやレシートをカードにはったり、ドーナツの絵の塗り絵をしたりしました。
  • 【ドーナツとレシートをもらう年長児】

  • 【塗り絵を楽しむ年長児】

コーディネーターよりひとこと

いつもの子どもたちのお部屋にドーナツ屋さんが開店。お揃いのスモックを着た子どもたちが、一列に並んでお部屋に入るなり、どの子も目線はドーナツに。「おいしそう、食べたいな。」と子どもたちのつぶやきが聞こえます。「このドーナツはおもちゃです。食べられません。」毎回同じことを言います。