消費者教育コーディネーターの活動

こども消費者教室

チャイルドアカデミー上社保育園(名東区) に行ってきました

3月23日チャイルドアカデミー上社保育園(名東区)
の年長さん・年中さんに金銭教育をしました

  • 【始まる前からドーナツにくぎ付け】

  • 【ドーナツを選び支払いをする園児】

 いっぱい並んだドーナツに園児の目はくぎ付けになっていました。まず、買い物のマナーを人形劇で気付かせました。次に、硬貨が入った財布を園児に渡し、自分が好きなドーナツを選んで買う練習をしました。どの子もニコニコしながら、真剣にドーナツを選んでいました。席に戻って、自分が選んだドーナツのシールやレシートをカードに貼りました。ドーナツの絵の塗り絵をしているときに、「100円と(100円の)ドーナツを交換したんだね」というつぶやきが聞こえ、「買う」ことの意味をとらえていることが分かりました。
  • 【塗り絵を見せ合う園児】

  • 【終わった後でにおいを確かめる園児】

コーディネーターよりひとこと

 「チョコレートのにおいがする」「こっちはイチゴのにおいだ」。おもちゃのドーナツはにおい付きではないはずですが、子どもたちの柔らかな心にかかれば、にこにこドーナツの店先はチョコやイチゴのにおいに包まれています。28年度最後の子ども消費者教室も、元気な子どもたちの笑顔をたくさん見ることができました。