学生の方(高校生、専門学校、短大、大学生)対象

学校等における消費者教育を支援しています。

  • 消費生活センターのしくみ、役割を教えたい
  • 専門知識のある人から直接、消費者教育をしてほしい
  • 消費者問題に関心があり知識を深めたい
  • 消費生活センターを見学したい

これまでの実施例

  1. 契約とは何か

    学生に生活の中での体験を発表してもらうなどしながら、契約とは何かを考えます。

  2. 若者が狙われる消費者トラブル

    キャッチセールス、マルチ商法、携帯電話トラブルなど、若者に多い消費者トラブルの内容、トラブルに巻き込まれないための心構え、巻き込まれてしまった場合の対処方法を学びます。

  3. 健康食品とダイエット食品の被害

    文化祭の出展テーマを調べに来た学生に、必要な資料、参考図書を提供しました。このように、個別のテーマ学習のサポートも行います。

  4. 消費生活アドバイザー試験対策

    試験対策やアドバイザーの活躍の場についてお話し、情報収集としてくらしの情報プラザの活用法を案内します。

学生向け講座実績一覧

※これらは一例です。受講を希望される学年、人数、時間および興味のある内容、分野に応じて、プログラムをアレンジします。是非、ご相談ください。

参加した学生の感想から

  • 消費者トラブルの恐ろしさや契約・断る勇気の大切さを知りました。成人しても必ず必要になることを体験できました。(高校2年)
  • 特に心に残ったことは、消費者市民という言葉です。買い物はお金による投票であり、不正な会社のモノやサービスを選ぶとどうなるのかを考えたことで、特に気を使わずにしていた買い物や自分の消費生活を見直すきっかけとなりました。(高校2年)
  • トラブルを「未然に防ぐ」「相談する」ことの大切さをDVDの視聴でよく理解できました。(高校2年)
  • クイズを解く事によって楽しみながら消費者問題について勉強することが出来ました。(高校2年)
  • もうすぐ社会人になり給料をもらって自立して生活していくので、今回の話をいかして暮らしていきたい。(高等特別支援学校3年)
  • クレジットカードは仕組みを知らないうちはこわいなと思った。だから、知識を早くつけようと思った。(高等特別支援学校3年)
  • 知らない人からの誘いには、はっきりと断ることが大切だと知った。(高等特別支援学校3年)
  • お金は大切なので、おこづかい帳をこれからもつけようと思った。(高等特別支援学校3年)
申込・問合先 希望日の1ヶ月前までに、電話または来所にて「名古屋市消費生活センター くらしの情報プラザ」までお申し込みください。
TEL:052−222−9677