消費生活相談窓口

相談窓口

  • 対象者は、名古屋市に在住・在勤・在学の方です。
  • 市外の方は、お住まいの地域の消費生活相談窓口にお問い合わせください。
    全国の消費生活センター(外部リンク) (または消費者ホットライン「188」をご利用ください。お住まいの地域の消費生活相談窓口につながります。(年末年始を除く))
  • 事業者や個人事業主の方からの事業に関わる契約のご相談はお受けしていません。
    事業者向けの相談窓口をご利用ください。
  • 相談は原則としてご本人(契約者)からお受けしています。相談は無料、秘密厳守です。
    同居や市内の家族、市内にお住まいの友人等からのご相談には、一般的なアドバイスをさせていただきますので、改めてご本人からの相談をお願いしています。ただし、ご本人が、認知症や病気などでお電話することが難しい場合は、介護や見守りをしている方からの相談も受け付けています。
  • 相談の受け付けの際に、相談者の住所、氏名、年齢、職業、電話番号などの個人属性をお聞きします。
    個人情報をお聞きする理由
    個人情報の取り扱いについて
  • あらかじめ事業者から受け取った書類(見積書や契約書、パンフレットなど)を用意してご相談いただくと、スムーズに進みます。
  • 消費生活センターでは、主に助言や情報提供を行っています。
    必要に応じて事業者への仲介(あっせん)を行うこともありますが、事業者に指導・強制したり、弁護士業務のように相談者の代理人となって交渉することはできません。
  • 相談の際に、一見そのトラブルの解決には関係ないように思われる事項もお聞きする場合があります。
    適切な助言を行うために伺う必要があり、また、今後の消費者トラブルの防止や行政施策立案に役立つ情報ですので、ご協力をお願いします。
  • 個々の事業者の信用性や商品・サービスの評価に関することはお答えできません。契約前の場合は、問題のある販売方法や契約する際の注意点などをお伝えします。
  • 個人間のトラブル、人間関係、労働問題、相続や家族関係のトラブルについての相談はお受けしていません。
  • 相談は無料ですが、電話通話料や書類確認のためのFAX通信料等はご負担ください。電話の掛けなおしには応じられません。
  • 相談中に大声や暴言をはかれた場合は、相談を打ち切ることがあります。

個人情報をお聞きする理由

1.相談者・相談内容の信用性をより高めるため

個人情報を聞き取らせていただいた相談は、相談者の方が実在し、消費者トラブルが確かに存在していることの証となり、相談内容の信用性がより高まり、具体的な助言やあっせんへとつなげることができます。

2.有用な追加情報をお伝えするため

「弁護団が結成された」、「事業者の対応方針が決まった」など、新たな情報が入手できた場合などお伝えできる情報が入ることがあります。その時にご連絡できるよう、お聞きしています。

3.消費者トラブルの救済や未然防止、行政施策に役立てるため

「相談内容のほかに、年齢、職業などの情報をお聞きし、それらを統計処理することにより、消費者被害の未然防止のための注意喚起、啓発事業等の貴重な情報として活用することができます。 また、消費者行政の施策立案に対しても、これらの統計結果は重要な情報として活用されています。

個人情報の取り扱いについて

  • 相談を受け付けるにあたっては、円滑な相談処理を実施するために、住所、氏名、年齢、職業、電話番号(以下「個人情報」といいます。)をお聞きします。(来所相談の場合は、相談の前に「面接相談事前受付票」の記入をお願いします。)
  • 個人情報は、相談処理に利用し、本人の同意を得ずに他の目的で利用したり、第三者に提供いたしません。
  • 提供いただいた各種書類は、原則として返却いたしませんのでご了承ください。
  • 裁判所、検察庁、警察、弁護士会等またはこれらに準じた権限や役割を有する機関から、個人情報の提供を求められた場合は、関係法令に反しない範囲において情報提供することがあります。
  • ご提供いただいた情報は、特定の個人を識別できる情報を除いて、統計資料・相談事例として利用します。

※お受けした相談情報は、国民生活センターを中心とした「全国消費生活情報ネットワークシステム(PIO-NET)」に登録・蓄積し、個人情報を除き、今後発生する同種の消費生活相談の早期解決に役立てています。また、消費者教育・啓発にも活用しています。

法律相談(相談員による相談後、必要に応じて予約実施しています。)
 月~金曜日(祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

金融商品・高齢者・若者法律相談

 

※弁護士による無料面接相談


面談時間:午後1時30分から午後4時

サラ金・多重債務特別相談

 

※弁護士・司法書士による無料面接相談


面談時間:午後1時30分から午後4時30分

※まずは052-222-9671にお電話ください。

ご相談の前にご確認ください(Q&A)

Q1 どんなことを相談できるの?

たとえば、こんな相談です

  • 携帯電話へ身に覚えのない請求メールが届いた

    携帯電話へ身に覚えのない請求メールが届いた

  • 訪問販売で、必要のない商品を購入してしまった

    訪問販売で、必要のない商品を購入してしまった

  • 電話で未公開株を買うように勧誘された

    電話で未公開株を買うように勧誘された

  • 消費者金融からお金を借りたが返済ができない

    消費者金融からお金を借りたが返済ができない

消費者と事業者の間の商品やサービスの契約・解約のトラブルなど消費生活に関する相談をお受けします。個人間の売買や借金、相続や家族関係、相隣関係のトラブル、労働問題などの相談はお受けできません。相談内容によっては他の相談機関を紹介させていただく場合がありますので、ご了承ください。

消費生活相談以外の相談窓口はこちら

Q2 誰でも相談できるの?

名古屋市在住・在勤・在学の方が対象です。市外の方は、お住まいの都道府県・市町村の窓口にご相談ください。消費者の方からの相談が対象です。事業者の方や個人でも事業にかかる相談(店の仕入れや販売、借入など)は事業者向けの相談窓口をご利用ください。

  • 市街の方の相談窓口はこちら
  • 事業者の方の相談窓口はこちら
Q3 家族や友人のことでも相談できるの?

本人からの相談が原則です。同居の家族や市内にお住まいの友人の相談は、一般的なアドバイスの後、改めて本人からの相談をお願いしています。同様に、遠方や市外にお住まいの家族や友人の場合は、最寄の消費生活相談窓口を紹介します。

Q4 相談を受ける時に、何から話せばいいのか分からない。

消費生活相談員が相談内容を伺います。事実関係をできるだけ正確にお話しください。

契約トラブルの場合は・・・

  • □きっかけ(電話・来訪・通信販売)
  • □いつ(契約日)
  • □どこで(家で・店で)
  • □何を(契約商品・サービス名)
  • □いくらで(契約金額・いくら払ったか)
  • □どこと(販売会社名・クレジット会社)
  • □どうしたいか(契約をやめたい・返品したい)
  • など

相談受付時には、お住まいの区・年齢・職業等を伺いますので、ご協力をお願いします。

Q5 相談を受ける時に、用意するものはありますか?

事前にメモなどで、相談内容を整理しておくと、相談がスムーズに進みます。事業者から受け取った書類(契約書や申込書、領収書など)は、まとめて手元に用意して電話してください。(来所時はすべて持参ください)

Q6 購入を考えている商品の評価や販売業者の信用性が知りたい

個々の事業者の信用性や、商品・サービスの評価に関することはお答えできません。契約前の場合は、問題のある販売方法や契約する際の注意点などをお伝えします。

Q7 相談時に提供した個人情報はどのように取り扱われますか?

相談時に取得した個人情報については個別の相談処理及び以下の目的以外には使用しません。
相談者の年齢・性別・相談内容等は、全国の消費生活センターを結ぶ情報ネットワーク・システムに登録・蓄積し、今後同様な相談処理等のために活用します。ただし、取得した個人情報のうち、氏名、住所、電話番号等の個人が特定される情報については、本人の同意なしに外部に提供することはありません。

電話で相談したい

● 電話相談052-222-9671くろーない

※架空請求や多重債務の相談も受け付けています。

● 受付時間 月~土曜日(祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
午前9時00分から午後4時15分

  または消費者ホットライン「188いやや」もご利用ください。

※局番は不要です(年末年始を除く)
(お近くの消費生活相談窓口につながります。)

日曜日・祝休日の相談は (年末年始を除く)

消費者ホットライン「188いやや」※局番は不要です

市内の方については、日曜日は愛知県消費生活総合センター、祝休日は国民生活センターにつながります。

その他の土・日に利用できる相談窓口(年末年始を除く)

公益社団法人 全国消費生活相談員協会(外部リンク)

週末電話相談室

● 東京03-5614-0189
  土曜日、日曜日(年末年始 12月29日~1月4日休み)
  午前10時から12時、午後1時から4時

● 大阪06-6203-7650
  日曜日(年末年始 12月29日~1月4日休み)
  午前10時から12時、午後1時から4時

● 北海道011-612-7518
   土曜日(年末年始 12月29日~1月4日休み)
   午後1時から4時

公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(外部リンク)

消費者相談(ウイークエンド・テレホン)

● 東京03-6450-6631
  日曜日(年末年始 12月29日~1月4日休み)
  午前11時から午後4時(昼休みなし)

● 大阪06-4790-8110
  土曜日(年末年始 12月29日~1月4日休み)
  午前10時から12時、午後1時から4時

来所して相談したい

名古屋市消費生活センター

〒460-0008 名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ11階

受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後4時15分(祝休日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

最寄り駅:地下鉄東山線 伏見駅下車 6番出口から南へ350m
地下鉄鶴舞線 大須観音駅下車 4番出口から北へ450m


メールで相談したい

メールによる相談受付

● メールによる相談も受け付けます。

*詳細をお聞きする必要がある場合などには、名古屋市消費生活センターの相談員から電話し、そのまま電話で回答させていただきます。
*回答には概ね3~5日かかります。お急ぎの場合は電話か来所でご相談ください。特にクーリング・オフには期限がありますのでご注意ください。

電子メールによる相談受付へ