アドバイス

役所から点検に来てくれるの?に対するアドバイス

無料点検と称して来訪する業者の中には、役所や公的機関から来たように装い、販売目的を隠して、巧みにあなたに近寄ってくる場合があります。

よくある事例

  • 事例1 「区役所から来た」と検査員が来訪。耐震検査をすると称して屋根や床下を点検した後に、「このままでは危険だ」と耐震工事を進められた。
  • 事例2 「水道局から来た。水質検査をする」と称して来訪。水道水の中に試薬を入れ、色の変わった水は体に悪いと浄水器の購入を勧められた。
  • 事例3 「消防署から来た」と来訪し、「一家に一台、消火器の設置義務がある」と言って消火器の購入を迫られた。

Point

事例1の場合、名古屋市の実施している無料耐震診断事業の診断員は、戸別訪問による勧誘は行っていません。申し込みをいただいた方と電話で日程調整をした上で訪問します。診断員は、必ず『愛知県木造住宅耐震診断員登録証』を携帯していますので確認してください。
名古屋市が行っている耐震診断などの耐震対策事業についての問合先はこちら

事例2の場合、名古屋市では、戸別訪問による水質検査、浄水器の販売は行っていません。
このような来訪はきっぱり断りましょう。
また、水まわりのトラブルなどについては、名古屋市水道局にお問い合わせください。
名古屋市上下水道局、各施設の電話番号や水まわりのトラブルの問合先はこちら

事例3の場合も、事例2と同じく、消防署から消火器や火災警報器などの購入を進めることはありません。購入を迫られても、きっぱり断りましょう。
名古屋市消防局の連絡先はこちら