相談事例検索

特別定額給付金の申請をしようとしたら、「個人情報がさらされた」とメールが届いた

相談者:50歳代 女性 給与生活者

ターゲット 一般・高齢者

相談内容

特別定額給付金の申請をしようと、大手検索サイトで見つけた申請サイトにアクセスして手続きを進めていた。最初に登録画面が現れ、名前、電話番号、メールアドレスを入力し登録した。次に現れた申請ページで、マイナンバーや口座番号を入力した。送信ボタンを押す前に、いきなり「マイナンバーが読み込まれました」という表示が現れ不審に思った。それと同時に、私のアドレス宛に、「あなたの個人情報がすべ下記のURLにさらされています。大丈夫ですか。」というメールが届いた。URLは怖くてアクセスしていない。申請手続きも送信ボタンを押す前に途中でやめたが、メールに書かれてある通り、個人情報はさらされてしまったのか。

対処方法とアドバイス

正規のサイトに見せかけたフィシングサイトに情報を入力してしまった場合、情報を搾取される可能性があります。
いったん流れてしまった個人情報を取り戻すことは、難しいのが現状です。万が一、アクセスしてしまった場合は、伝えてしまった暗証番号やクレジットカード番号などの変更をお勧めします。普段から、クレジットカードやキャリア決済などの明細書は引き落とし前に必ず確認する、定期的に銀行口座の通帳記入をする、届いた配達物にはきちんと目を通すなどして、不審なことがあれば早めにご相談ください。

特別定額給付金は総務省のポータルサイトで申請できます。詳しくは、名古屋市公式ウェブサイトでご確認ください。
名古屋市「特別定額給付金について」へのリンク

また、現在、名古屋市公式ウェブサイトになりすました偽のホームページが見つかっています。アクセスすると被害を受ける恐れがありますので、ご注意ください(令和2年5月14日発表)。名古屋市公式ウェブサイトのアドレスは、http://www.city.nagoya.jpです。ウェブサイトを利用する際には、ブラウザのアドレス欄を必ずご確認ください。

(最終更新日 令和2年5月20日)

関係法令や参考サイト

名古屋市「名古屋市公式ウェブサイトの偽サイトにご注意ください」
http://www.city.nagoya.jp/shicho/page/0000128928.html
名古屋市公式ウェブサイト
http://www.city.nagoya.jp