相談事例検索

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため結婚式をキャンセルしたいが、キャンセル料がかかると言われた

相談者:相談者:20歳代 女性 給与生活者

ターゲット 一般

相談内容

1年前に結婚式場の予約をした。挙式は来月の予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大がまだ続いているので取りやめることにした。キャンセルを申し出たら、見積金額の45%のキャンセル料がかかると言われた。高額なので支払いたくない。

対処方法とアドバイス

新型コロナウイルス感染症の影響によるキャンセルは相談者側に非はありませんが、事業者の責任を問うこともできません。基本的には、契約書の内容に従った対応になります。結婚式場の多くはブライダル約款という定型の契約書を用いており、キャンセル料はその規約に基づくことになりますので、契約書をよく確認しましょう。挙式の延期や、リモートなどの別の方法で行うなどの対応をする事業者もありますので、解決に向けてよく話し合いましょう。

(最終更新日 令和2年10月19日)

関係法令や参考サイト

法務省「新型コロナウイルス感染症に関連して、イベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等に関する留意事項について」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00022.html